針施術の対象に「自律神経失調症」

針施術の対象に「自律神経失調症」

針施術の対象に「自律神経失調症」があります。

自律神経は、心臓を動かしたりホルモンの分泌を促したりと、人間の生命維持の根幹をになっているものだと言えます。

その種類としては活動を司る「交感神経」と休息を司る「副交感神経」があります。

これらは別々のものではなく、状況に応じて自動的に切り替わって働きます。

不規則な生活やストレスなどでバランスを崩すと、不眠やめまい、動悸等の症状を引き起こします。

内臓器官を検査しても異常は分からないもので、これが「自律神経失調症」と診断されるわけです。

関連記事

  1. 自律神経が乱れると体に様々な影響が

  2. 体のシェイプアップ

  3. 肉離れの治療

  4. 野球の場合のスポーツ障害

  5. 寝違えの原因は意外なところにあった!

  6. 現代の肩こりは生活習慣の対策で改善できる