野球の場合のスポーツ障害

野球の場合のスポーツ障害

野球の場合のスポーツ障害について
野球は非常に人気のあるスポーツなので、これを行う人も多いのですが、それだけにスポーツ障害の症状が出る場合も多くなっています。

スポーツ障害とは、筋肉や骨などに何回も負荷が加わることによって生じる痛みのことで、野球の場合には肩や肘に出やすいと言われています。

そして、特に骨や関節が成長途中で十分に形成されていない中高生が野球をやる場合には、肘の障害が出やすくなるので、十分に注意することが必要になってきます。

関連記事

  1. 針施術の対象に「自律神経失調症」

  2. 現代の肩こりは生活習慣の対策で改善できる

  3. 肉離れの治療

  4. 体のシェイプアップ

  5. 自律神経が乱れると体に様々な影響が

  6. 寝違えの原因は意外なところにあった!