お腹の引き締める運動

お腹の引き締める運動

お腹周りのぜい肉が気になる方は、お腹の筋肉を運動で鍛えることで引き締め効果が期待できます。
お腹の筋肉を増量することで基礎代謝がアップするのです。

お腹が太る原因は、食べ過ぎや運動不足であり、摂取エネルギーが少しずつ脂肪として蓄えられるのです。

食事量はそれほど多くないはずなのにという方でも、年齢と共に基礎代謝が低下したために
消費するカロリー量が減り、脂肪として体内に残っていることがあります。

また、ダイエット後のリバウンドを避けるためには、食事を減らすだけのダイエットではなく、
運動も組み合わせましょう。

体脂肪を燃焼させ効果的にお腹を引き締めるには腹筋運動がおすすめです。

身長の0.38倍のウエストが目標値となります。
男性でウエスト85センチ、女性で90センチ以上の場合はお腹の肥満とされ、
メタボの診断基準に引っ掛かります。

おなかのサイズを計測する時はリラックスしてまっすぐ立ち、最も太くなるへその高さをメジャーで測ります。

腹囲が基準数値より多く、かつ高血糖か高血圧か高脂血症のいずれか2つが該当する方は、
メタボリックシンドロームと診断されます。
あるデータでは、メタボになると心筋梗塞や脳梗塞など動脈硬化の危険性が30倍にまで跳ね上がるといいます。

動脈硬化を引き起こさないためにも、メタボにならないようお腹の引き締めに励みましょう。
体内に収まっている内臓を外部の刺激から守るため、適度な内臓脂肪は内臓を守り固定するには必要となります。

お腹引き締めダイエットをすることによって、生活習慣病を引き起こすいらない内臓脂肪を追い出しましょう。

関連記事

  1. 体のシェイプアップ

  2. 太ももをダイエットする方法